HOME
妊娠から出産まで
出産したら
小学校修学までの健康
子育て支援の施設とサービス
いよいよ小学校
子どもに関する様々な悩みごと相談
サークル活動
子育て便利帳
イベントカレンダー
下田市子育て支援センター通信
バックナンバー
支援センターについて
リンク

http://shimoda-kosodate.net/mobi/
HOME > 出産したら > 出産育児一時金(健康保険)
出産育児一時金(健康保険)
<窓口番号3>
お子さんが生まれると加入されている健康保険から出産育児一時金が支給されます。病院から請求される出産費用については、原則42万円の範囲内で保険から病院に直接支払われるので、出産時に多額のお金を用意する必要はなくなりました。

【支給金額】
一人につき42万円(産科医療補償制度等加入の医療機関の場合)

【申請方法】
原則、申請する必要はありません。ただし、42万円を下回った場合は申請するとその差額を受け取ることができます。

例)出産費用が42万円を越えた場合
出産費用 出産育児一時金 病院で支払う金額
(45万円) (42万円) (3万円)

◎担当:国民健康保険は「下田市役所市民保健課国保年金係」電話:0558-22-3922
※国民健康保険以外の場合は、それぞれ勤務先の健康保険の窓口


《ワンポイント・アドバイス》
Q:出産の費用ってどれくらいかかるの?
A:平日昼間の正常分娩で40万円程度、これが休日や夜間、困難な分娩になると45〜50万円くらいになることもあるみたい・・・
HOME妊娠から出産まで出産したら就学前までの健康施設とサービスいよいよ小学校悩み事と相談便利帳イベントリンク このページの先頭 ▲
Copyright (C) Shimoda city. All Rights Reserved.