HOME
妊娠から出産まで
出産したら
小学校修学までの健康
子育て支援の施設とサービス
いよいよ小学校
子どもに関する様々な悩みごと相談
サークル活動
子育て便利帳
イベントカレンダー
下田市子育て支援センター通信
バックナンバー
支援センターについて
リンク

http://shimoda-kosodate.net/mobi/
HOME > 子どもに関する様々な悩みごと相談 > 各種障害者福祉制度の利用のために
各種障害者福祉制度の利用のために
様々な障害をお持ちの人が、適切な福祉サービスを利用するために、その障害の状況や程度を証明する手帳を発行しています。これらの手帳により、様々な福祉サービスを受けることができるようになります。
※具体的な支援サービスは、担当窓口で相談してください。


身体障害者手帳  <窓口番号6>
身体に障害のある人が、様々な福祉サービスを利用するために必要な手帳です。手帳は、永続する障害のある方で、障害の程度によって1級-〜6級に区分されます。福祉事務所に申請し、県知事の審査・決定を経て交付されます。
【必要書類】
・指定医師による診断書 ・意見書 ・印鑑 ・写真(縦4cm×横3cm、正面脱帽) ・マイナンバーがわかるもの(通知カード等)
◎担当:下田市役所福祉事務所障害福祉係 電話(22)2216



療育手帳  <窓口番号6>
知的障害者(児)が一貫した療養・援助を受け、様々な福祉サービスを受けやすくするために必要な手帳です。手帳は、障害の程度により「A」「B」に区分されます。福祉事務所に申請し、県知事の審査・決定を経て交付されます。
【必要書類】
・印鑑・写真(縦4cm×横3cm、正面脱帽)



精神障害者保健福祉手帳  <窓口番号6>
精神に障害のある人が、様々な福祉サービスを利用するために必要な手帳です。手帳は、障害の程度により1級〜3級に区分されます。福祉事務所に申請し、県知事の審査・決定を経て交付されます。
【必要書類】
・精神障害者保健福祉手帳用診断書または障害年金証書 ・印鑑 ・写真(縦4cm×横3cm、正面脱帽)・マイナンバーがわかるもの(通知カード等)



特別児童扶養手当  <窓口番号6>
精神または身体に障害を持つ20歳未満のお子さんを在宅で養育している方に手当が支給されます。(※所得制限、該当要件があります。)
 福祉事務所に申請し、県知事の審査・決定を経て支給されます。
【必要なもの】
・印鑑 ・世帯全員の住民票 ・養育者及び児童の戸籍謄本 ・所定の診断書 ・養育者名義の通帳・身体障害者手帳、療育手帳(所持している方のみ)・マイナンバーがわかるもの(通知カード等)
【支給金額】  月額 1級:51,500円、2級:34,300円



障害児福祉手当  <窓口番号5>
精神または身体に重度の障害を持つ20歳未満の在宅の方に手当が支給されます。(※所得制限、該当要件があります。)
【必要なもの】
・印鑑 ・世帯全員の住民票 ・養育者及び児童の戸籍謄本 ・所定の診断書 ・所得状況届(所得証明)
・児童名義の通帳 ・身体障害者手帳、療育手帳(所持している方のみ)・マイナンバーがわかるもの(通知カード等)
【支給金額】  月額 14,600円


◎担当:下田市役所福祉事務所障害福祉係 電話(22)2216
HOME妊娠から出産まで出産したら就学前までの健康施設とサービスいよいよ小学校悩み事と相談便利帳イベントリンク このページの先頭 ▲
Copyright (C) Shimoda city. All Rights Reserved.