HOME
妊娠から出産まで
出産したら
小学校修学までの健康
子育て支援の施設とサービス
いよいよ小学校
子どもに関する様々な悩みごと相談
サークル活動
子育て便利帳
イベントカレンダー
下田市子育て支援センター通信
バックナンバー
支援センターについて
リンク

http://shimoda-kosodate.net/mobi/
HOME > 小学校修学までの健康 > 予防接種
予防接種
<窓口番号5>
お子さんの健康を守るため、月齢に応じて受けていただく定期予防接種があります。該当者には個人通知をしています。不活化ポリオ・四種混合・二種混合・子宮頸がんワクチンは個別接種となります。その他の予防接種は、すべて市役所別館検診室で集団接種となります。

注)定期予防接種の対象年齢以外での接種は自費となります。(日本脳炎特例対象者を除く)



BCG (生ワクチン)
内 容:結核の予防
対 象:3カ月児〜1歳未満児
回 数:1回


四種混合 (不活化ワクチン)※H28年度より個別接種となります
内 容:ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオの予防
対 象:3カ月児〜7才6カ月児未満
回 数:1期初回:3回(3〜8週間空ける)
     1期追加:初回接種終了後、1〜1年半後に1回接種


二種混合 (不活化ワクチン)
内 容:ジフテリア・破傷風の予防
対 象:11歳以上13歳未満(小学校6年生時)
回 数:2期 1回
※三種混合又は四種混合の2期の接種となります。三種混合又は四種混合で基礎免疫を作っておくことが重要です。


麻しん風しん混合 (生ワクチン)
内 容:はしか・三日はしかの予防
対 象:1期:12カ月児〜24カ月児未満
    2期:5歳以上7歳未満(小学校入学前の1年間)
回 数:1期:1回、2期:1回接種


日本脳炎(標準パターン) (不活化ワクチン)
内 容:日本脳炎の予防
対象及び回数:1期初回:3〜4歳児で2回
       1期追加:概ね1年後に1回
       2期追加:9歳で1回
注意)日本脳炎は平成17年〜21年の接種の差し控えにより、標準パターンで接種できていない方がいます。(特例対象者)詳細はお問い合わせください。


ヒブワクチン (不活化ワクチン)
内 容:ヒブによる髄膜炎を予防 
対 象:2カ月児〜5歳児未満。標準的な接種開始年齢:生後2ヶ月〜7ヶ月
回 数:標準的な年齢で接種した場合は、3回接種(4〜8週の間隔)
    追加:1回接種(3回目の接種後おおむね1年後)
※初回接種の年齢により接種パターンが複雑ですので、あくまで参考としてください


小児用肺炎球菌ワクチン (不活化ワクチン)
内 容:子どもの細菌性髄膜炎などを予防 
対 象:2カ月児〜5歳児未満。標準的な接種開始年齢:生後2ヶ月〜6ヶ月
回 数:標準的な年齢で接種した場合は、3回接種(27日以上空ける)
    追加:1回接種(初回終了後60日以上の間隔で、12〜15ヶ月の間)
※初回接種の年齢により接種パターンが複雑ですので、あくまで参考としてください


子宮頸がん予防ワクチン (不活化ワクチン)
内 容:子宮頸がんの予防
対 象:中学1年生〜高校1年生の女性
回 数:3回接種(間隔は、1回目0月として以降、2回目1ヵ月後、3回目6ヵ月後)
※初回接種の年齢により接種パターンが複雑ですので、あくまで参考としてください


水痘ワクチン
内 容:水痘(水ぼうそう)の予防
対 象:1才〜3才未満
回 数:2回接種(間隔は、1回目接種後6ヶ月〜1年後)


◎担当:下田市役所市民保健課健康づくり係 電話:0558-22-2217

初回接種の年齢により接種パターンが複雑ですので、あくまで参考としてください

《予防注射を受ける際に注意していただくこと》
下記のような場合には予防注射の接種はできません
1、アレルギー
2、発熱や体調不良
3、けいれん
4、免疫不全
5、心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害等の基礎疾患を有する者
6、予防接種を行った場合、次の予防接種を行なうまで、三種混合・日本脳炎は6日以上、その他のワクチンは27日以上間隔を空けてください。

※乳幼児健診や各種相談、予防接種の年間予定は、下田市ホームページでご覧いただくこともできますし、市民保健課窓口で予定表を配布しています。ご利用ください。

HOME妊娠から出産まで出産したら就学前までの健康施設とサービスいよいよ小学校悩み事と相談便利帳イベントリンク このページの先頭 ▲
Copyright (C) Shimoda city. All Rights Reserved.