ベイビーサポートの口コミと効果!産み分けを成功させるためのコツとは?

ベイビーサポートを使うと妊娠しにくいは本当?成分が悪いのか

ベイビーサポートは妊活中の夫婦に人気のある産み分けゼリーですが、ネットで調べていると「妊娠しにくい」という噂がありました。

 

 

ですが、妊娠がしにくいなら50万個も売れるのかな?と思ったので本当に妊娠がしにくいのか調べてた所あることがわかりましたよ。

 

 

妊娠しにくい成分が入っているのか

 

まず、ベイビーサポートの成分についてですが、ベイビーサポートの成分には妊娠ができにくくなる成分は含まれていません。

 

 

むしろ妊娠を促進する成分が含まれているため妊娠をしやすいと考えることができます。

 

 

では、成分でないとするのなら他に考えれるのは行為をする回数を制限しているです。

 

タイミングを制限している

 

実は、産み分けをするためにベイビーサポートを使っている方の約7割ほどの方行為を制限する「タイミング法」を使っています。

 

 

タイミング法とは以下の排卵日が妊娠されやすいとされている日を参考に行為をすることです。

 

男の子が欲しい場合
  • 排卵日の当日

 

女の子が欲しい場合
  • 排卵日の2〜3日前

 

このタイミング法は知っている方も多いと思いますが、このベイビーサポートと兼用してされている方が多いです。

 

 

つまり、排卵日を予想して、このタイミング法で行為を行っているため、行為する回数よりも避妊している日数の方が多いのです。

 

 

そのため、「妊娠しにくい」ということになっているのではないかと予想できますね。

 

 

ですが、ベイビーサポートとタイミング法で妊娠に至る期間の平均は大体3-6ヵ月には妊娠しているケースが多いです。

 

 

この3〜6ヵ月というのは産み分けをしていない方でもこれくらいの期間はかかる場合もあるんで、ベイビーサポートを使ったからといって決して妊娠しにくいとは言い切れません。

 

 

むしろ、行為をする回数が少ないのに妊娠しているということはベイビーサポートを使っているからだということが言えるのではないでしょうか。

 

 

もし、タイミング法で排卵日まで待ってられない場合は、ベイビーサポートは膣内のph環境を「ボーイ・ガール」に傾けることができる、あまり気にする必要はないような気もしますよ。

 

 

と言っても可能性を少しでも高めたい気持ちもわかるので、あくまでも気楽に行為してくださいねということです。